遊翔

次世代型光触媒

NANO PRIDE ナノプライド

【光触媒について】

【光触媒とは】
光触媒は、光を吸収して化学反応を促進する物質の総称のことです。光が当たることにより、通常の触媒プロセスでは困難な化学反応を行わせることが出来ます。代表的な光触媒の材料としては、実用化されているのは酸化チタンがよく知られています。
特徴としては、酸化還元反応(分解力と親水性を発生)を促進することから、有機物や細菌・雑菌・カビ菌・ウィルス・アレルギーやハウス症候群の原因となる化学物質・悪臭・ヤニ汚れなどを分解することが可能です。
【NANOサイズの光触媒の作用】
NANOサイズの酸化チタンは、太陽光や蛍光灯、LEDなどの光を吸収して強い光触媒作用を発揮します。光エネルギーは、酸化チタンの超微粒子の中で変換され、そのエネルギーが空気中のO2微粒子表面でスーパーオキサイド(O)を生成し、水中ではH2Oからヒドロキシラジカル(OH-)を生成します。カビ、細菌などの微生物やウィルスは、酸化チタン粒子表面で酸化され、死滅もしくは不活性化します。ホルムアルデヒド、ベンゼン、トルエン、メタンなどのVOC(揮発性有機化合物)は、酸化チタン粒子表面で酸化分解されて、無害なCOとH2Oとなります。
【従来の酸化チタンをNANOサイズに】
超微粒子化されたNANOサイズの光触媒は、ガラスなど、突起のない面にもしっかりと張り付きます。的な技術開発により、二酸化チタンの限界の大きさより50分の1という超微粒子サイズにすることに成功しました。
超微粒子によって
①微粒子光触媒が自力(分子間力)で施工面に結合し長期的に張り付くことが出来るようになり施工コスト削減を実現しました。
②太陽光などの強い光がなくても、屋内の一般的な照明はもとよりトイレやお風呂などの小さな電球でも十分な効率のよい効果を発揮します。
【従来と現在の酸化チタンの光触媒作用】
従来の酸化チタンは粒子径が大きいため
■自力で施工面に結合できないためバインダー(接着剤)が必要
■のりに埋もれた酸化チタン粒子は効果を発揮しない
■粒子の表面積が小さいので強い光が必要
新しい酸化チタンは粒子径が小さいため
■自力(分子間力)で施工面に結合できる
■施工したすべての粒子が効果を発揮する
■粒子の表面積が大きいのでわずかな光で効果を発揮
※屋内でも長期間継続的に光触媒作用を発揮
※直接人体に付着しても安全な光触媒

 

【期待できる効果】

抗菌・防カビ・消臭・防汚

1.高い抗菌効果

食中毒の原因となる大腸菌(O-157)・黄色ブドウ球菌・鳥インフルエンザなど細菌やウィルスを死滅し、菌の死骸(ベロ毒素)までも分解し無害化します。

※新型コロナウィルスにも効果が期待されています。

2.強い防カビ効果

強力なカビ抑制効果と持続性、カビ・コケなどを除去する効果を発揮します。

3.優れた消臭効果

生活環境の中には様々なニオイも有機物です。ニオイを吸着分解し続ける為、ニオイの蓄積を抑制します。

※壁紙などのタバコのヤニ

4.危険なVOCガスを分解

シックハウスの原因となる有害化学ガスを分解除去します。

※バクテリア・VOCs・UVなども死滅・不活性化・分解・吸収

お気軽にお問い合わせください